ローンについて

銀行で住宅ローンを組む

住宅を購入する際、銀行で住宅ローンを組みますが、普段自分が利用しているメインバンクが1番良いです。
取引が多いほど、審査の優遇対象に含まれるケースが多く、手続きも早く済みます。
審査は仮審査というものと本審査というものがあり、仮審査が通らなければ本審査へは進めず、もちろんローンを組む事もできません。
住宅ローンを組もうとしている人は、他の銀行などでのキャッシングや、その他支払いの滞納などがないか確かめて、あれば仮審査の時に告知しておく事。
仮審査をしている中で発覚すると審査は通りません。
事前にわかっている範囲内で告知し、判断を仰ぎましょう。
また、金利も重要で融資実行日の金利が適用されます。
ですので、月の金利が安い時に実行日にすると良いかと思います。
手続きの流れなどサポートは全てローン窓口の担当者の人がしてくれます。
そして、仮審査や融資を受ける際の注意点としては、横柄な態度は禁物です。
お金を借りてやるという態度は融資する側も貸したくありません。
ですので、お願いするという態度で審査など受ける事が大事です。

銀行ローンの歴史や現状について

銀行によるローンの端緒は昭和初期に見られ、戦後には都市銀行を中心に数多くの金融機関で行われるようになったという歴史があります。
但し当時のローンは現在と比較すると条件や制約の数が多く、更には担保の提示が必須だった事もあって利用が限られていたという側面があります。
無担保のローンについてはこのような状況下からカード会社・消費者金融が参入する事で発展し、そこに銀行が追随する形で現代に至るまでの流れが形成されて行きます。
このような展開に大きな楔を打ちつけたのが、2010年に始まった金融庁による貸付の総量規制となります。
総量規制は総借入額が年収の1/3を超えないようにして返済の過度の負担を防止するものですが、対象が法人である場合や資金使途を明確にした借入についてはその対象外となっています。
担保提示前提の時代から銀行が積み重ねたノウハウは、総量規制対象外のローンにこそ強みを発揮する性質のものであった為、近年は勢力を伸ばしつつあると言えるのです。

おすすめWEBサイト

シェアハウスを女性専用で探す

Last update:2017/6/2

 

copyright(c) 2015 「ローン活用」 all rights reserved.